お知らせ

NEWS&BLOG

BeeNews!!Vol.96 「急激なダイエットは老ける」

皆さん、こんにちは!
いつもパーソナルトレーニングスタジオ Beeをご利用いただきまして誠にありがと
うございます。
本日発信していく情報はこちらです!

「急激なダイエットは老ける?」

皆さんにとってボディメイクをしていくうえでのヒントになれば、スタッフ一同嬉
しく思います。
普段の生活から実践できることもあると思います。
まずは、ご自身でできることから始めてみてください。

〈本日の目次〉

  1. はじめに
  2. 短期間でマイナス◯kgダイエットの落とし穴
  3. おわりに

 

◆はじめに

ダイエットを始めた初期段階は、体重も順調に落ちることでモチベーションが上が
る方も多いのではないでしょうか。
その反面で数字だけにコミットしながらダイエットしていく方々に多いのが、皮膚
が弛んでしまうなどの外面的に満足いかない結果になることがある場合です。
皮膚が弛んでしまうことで、以前よりも老けて見えてしまうことも多いのです。
今日は急激に痩せることで起こる変化についてお伝えします。

◆短期間でマイナス◯Kgダイエットの落とし穴

私たちの皮膚は適度なハリをキープすることで美しい状態を保つことができます。
計画的にダイエットしていく場合と短期間で◯Kg体重を落とす場合だとどのような
変化が起こるのでしょうか。
私たちのカラダは風船のようなモノです。
少しずつ中の空気(体脂肪)を燃焼していかないと表面の皮膚は弛んでしまいます。
計画的に落とすことで、皮膚のハリをキープしながら適応させていくことが可能に
なるのです。
短期間で適応水準以上の体重を落とすことは、皮膚のハリ感が適応する前に体重が
落ちてしまい、弛んだボディラインを作ってしまうキッカケになります。
太っていたときに引っ張られていた皮膚は、短期間で体重が落ちることで一気に弛
みが進んでしまうのです。
だからこそ、計画的にダイエットをしながら極力皮膚が弛まないようにボディメイ
クしていかなくてはなりません。
この反応は、ダイエット前の体重が重ければ重いほどに顕著に表れます。
2〜5Kg程度のダイエットであればその可能性は低くなりますが、それ以上の体重減
を目指す場合は計画的にカラダを適応させながらダイエットしていきましょう。
短期間でマイナス◯Kgダイエットがダメなのではなく、人それぞれ同じ期間でも落
とせる適正幅があります。
弛んでしまった皮膚を元に戻すことは難しく、1回のミスがその後に影響を及ぼして
しまうのです。
また、適正幅以上の体重を短期間で落とすことでリバウンドのリスクも上がってい
きます。
ダイエット・筋トレにおけるボディメイクは、目標と計画を作ることで成功確率が
飛躍的に向上するのです。

◆おわりに

短期間で変化させる場合、適応する際に今までとは違う反応が身体に起こります。
この適応期間を正しい形で進めていくことが、リバウンドもないままにボディライ
ンをキープする秘訣です。
短期間でマイナス◯Kgダイエットを成功させ、その後もキープできる人がいるのも
事実です。
しかし、その難易度は計画的にダイエットした人よりも高いことを覚えておきま
しょう。

今日はこのへんで終わります。
次回も乞うご期待ください

 

Copyright © Personal Training Studio Bee all rights reserved.