お知らせ

NEWS&BLOG

Bee News!!Vol.118「プロテインのプロテインの適正量・飲むタイミングとは?」

皆さん、こんにちは!

 いつもパーソナルトレーニングスタジオ Beeをご利用いただきまして誠にありがと うございます。 

本日発信していく情報はこちらです!

 

「プロテインのプロテインの適正量・飲むタイミングとは?」

 

カラダ作りをするためには、トレーニング欠かせません。

そして、それと同じくらい栄養摂取も大切です。

皆さんは、普段の食事でタンパク質をしっかりと摂取していますか?

トレーニングに日々励まれている方は、タンパク質の摂取も欠かさずに行いましょう。

本日はプロテインの適正量・飲むタイミングについてお伝えしていきます。

 

『1日に必要なタンパク質量』

 

一般の方が1日に必要なタンパク質量は、体重1Kg当たり0.8g程度です。

トレーニングを行っている方は、1.2〜1.5g程度のタンパク質量が推奨されています。

 

『プロテインについて』

 

最近はプロテインスナックなどもありますが、主に乳製ドリンクをプロテインと呼ぶことが通例です。

タンパク質は、肉・魚・卵・乳製品・大豆製品などに多く含まれています。

食事からタンパク質食品が摂れれば良いですが、3食の食事だけで1日に必要なタンパク質を十分に摂るのは難しいのです。

そういったシチュエーションでは、乳製・大豆製のプロテインドリンクは比較的簡単に摂ることができるため、生活に必要な栄養補給をするための強い味方になってくれます。

 

『プロテインの適正量』

 

プロテインの適正量は、食事から摂取できる1日のタンパク質摂取量がどれくらいなのかで決まります。

1日に必要なタンパク質量が105gの場合、食事から摂れているタンパク質量が80gであれば、不足している35gをプロテインで補充してあげましょう。

タンパク質不足は、カラダから正常な働きをするための機能を奪っていきます。

 

『プロテインを飲むタイミング』

 

①朝ごはん

比較的に軽い食事になっている方が多いです。

タンパク質の摂取量が少ない食事の可能性が高いため、このタイミングでプロテインが摂れると吸収率も高いといわれています。

 

②トレーニング45〜60分前

 

トレーニング中にタンパク質が不足していると、筋肉分解が起こります。

トレーニング前にプロテインを飲むことで血中アミノ酸の濃度が高まり、運動中の筋肉分解を抑えることができます。

 

③トレーニング直後

 

トレーニング直後は「ゴールデンタイム」と言われており、筋肉を作るための機能が一時的に高まっている状態です。

このタイミングでプロテインが摂取できれば、筋肉を効率良く作ることが可能です。

 

『1度にプロテインを大量摂取するのは避ける』

 

1日に必要なタンパク質の摂取目安はありますが、1度で40g以上の大量摂取は避けましょう。

吸収率が落ちてしまうことで利用効率が低下します。

1回の食事で摂るタンパク質の摂取目安は、20〜30g程度を目安に複数回に分けて適正量を摂るのが1番効果的な摂取方法です。

タンパク質は、3大栄養素においても重要な栄養素です。

タンパク質が担う役割は非常に多く、不足してしまうことで弊害がたくさん生まれます。

効率良く摂取する方法を知っておくことは、ご自身の健康にも大きな貢献をしてくれます。

 

今日はこの辺で終わります。

次回も乞うご期待ください!

Copyright © Personal Training Studio Bee all rights reserved.