お知らせ

NEWS&BLOG

Bee News!! Vol.20「スポーツドリンクを飲むべきか?」


皆さん、こんにちは!

いつもパーソナルトレーニングスタジオ Beeをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

本日発信していく情報はこちらです!

「スポーツドリンクを飲むべきか?」

皆さんにとってボディメイクをしていくうえでのヒントになれば、スタッフ一同嬉しく思います。

普段の生活から実践できることもあると思います。

まずは、ご自身でできることから始めてみてください。

〈本日の目次〉

  1. はじめに
  2. スポーツドリンクは必要?
  3. スポーツドリンクに含まれる栄養素とは?
  4. 運動時に飲むべきモノは?
  5. おわりに

◆はじめに

トレーニング指導をしていると、スポーツドリンクを飲んでいる人を見かけます。

「スポーツドリンク摂っても問題ありませんか?」っというご質問をいただくことがありますが、僕個人の見解としては、スポーツドリンクの必要性をそこまで感じていません。

高強度の筋力トレーニングをする人、ハードなランニングをする人であれば、スポーツドリンクなどの糖分は必要になるかもしれませんが、それ以外の人に関しては必要ないと思っています。

「なぜスポーツドリンクは必要ないのか?」

「水分補給はなにを摂ればいいのか?」

今日は、トレーニング中の水分補給についてお伝えしていきます。

◆スポーツドリンクは必要?

そもそも人が運動をするときは、「糖質分解」「脂質分解」で必要なエネルギーは異なり、メインエネルギーは運動強度によって異なります。そのタイミングで糖分を多く含むスポーツドリンクを摂取してしまうと、運動しているのにも関わらず逆に太ってしまう原因にもなり得るのです。

「消費以上のカロリーを糖分(スポーツドリンクなど)で摂っている」

「トレーニングした達成感から必要以上に食べ過ぎてしまう」

このような共通項をもっている人が思っている以上に多いのも事実です。

スポーツドリンクじゃなくてはダメ!って人もいらっしゃいますが、必要以上にスポーツドリンクを摂ることで、太ってしまう原因を生み出してしまうことになります。

高強度の筋力トレーニング、ハードなランニングをしない人にとっては、スポーツドリンクは必須なモノではなく、摂り方を間違えると太ってしまうキッカケになり得ることを忘れないようにしましょう。

◆スポーツドリンクに含まれる栄養素とは?

そもそもスポーツドリンクってどんな栄養素が含まれているのでしょうか?

スポーツドリンクにはたくさんの種類がありますが、共通して入っているの栄養素としては、主に以下が挙げられます。

・ナトリウム

・アミノ酸

・ビタミン etc.

ここに加えて入っているモノが「砂糖」「果糖ぶどう糖液糖」です。

この栄養素が問題になります。

砂糖はもちろんですが、人工甘味料を多く含んでいます。

これが、スポーツドリンクを飲んだときに感じる「甘み」の正体です。

運動しながらもそれ以上に「糖分」を摂取してしまっているのが実情です。

僕がスポーツドリンクををオススメしないのが、こういった理由を含んでいるためです。

痩せるために運動しているのにも関わらず、これでは本末転倒といえます。

運動効果をしっかりと出したいのであれば、ムダな糖分は摂らないこと。

そして、スポーツドリンクを飲みたいのであれば、1本のスポーツドリンクを希釈(お水などで薄める)ことをオススメします。

諸説ありますが、スポーツドリンク500mlに含まれる糖分は「角砂糖8個分」といわれています。

あの小さな容器に角砂糖8個分です。

それを原液のまま摂ることが自分のカラダにどんな影響を及ぼすのか?

ご自身でしっかりと考えてみましょう。

◆運動時に飲むべきモノは?

僕が運動時に飲むのは、「お水」一択です。

普段からもお水をよく飲みますが、トレーニングにおいても同じです。

夏であれば猛暑などへの対処としてスポーツドリンクを摂取したりすることもたまにありますが、その場合は希釈するようにしています。

そのまま原液を飲むことは血糖値を急上昇させ、太りやすい代謝循環を招きます。

くれぐれもそのことを忘れないようにしましょう。

トレーニングするときはお水を摂るのが一番。

スポーツドリンクばかりだった人は、この機会にお水を飲むことに慣れることから始めてみてはいかがでしょうか?

◆おわりに

スポーツドリンクを摂ることが悪いのではなく、摂りすぎることが悪いのです。

カラダに対する影響をしっかりと理解することが何よりも大切です。

飲み物だけでなく、食事に対しても同じことがいえます。

何事も食べ過ぎ、飲み過ぎに注意すること。

全てを排除することはできませんが、ちょっとした意識を変えることで、カラダに良い変化を与えるキッカケになります。

当たり前のように摂っていた水分に対しても少しずつ意識をもつキッカケになれば嬉しいです。

今日はこのあたりで終わります。

次回も乞うご期待ください!

Copyright © Personal Training Studio Bee all rights reserved.