お知らせ

NEWS&BLOG

Bee NEWS!!【Vol.35】「体重だけに一喜一憂しないこと」

皆さん、こんにちは!

いつもパーソナルトレーニングスタジオ Beeをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

本日発信していく情報はこちらです!

 

「体重だけに一喜一憂しないこと」

 

皆さんにとってボディメイクをしていくうえでのヒントになれば、スタッフ一同嬉しく思います。
普段の生活から実践できることもあると思います。
まずは、ご自身でできることから始めてみてください。

 

〈本日の目次〉

  1. はじめに
  2. カラダの60%〜70%を占めるもの
  3. 体重が変動する原因とは?
  4. 体重変動に一喜一憂しない
  5. おわりに

 

◆はじめに


皆さんは、体重を毎日測っていますか?

毎日体重を測ることはとても大切なことです。
体重は日々変動します。
自身の体重を毎日測ることで、1日の過ごし方・食べ方を少しでも考えられるようになれば、体重のコントロールもできるようになります。

目安数字として体重を認識しておくことは大切ですが、日々の体重で一喜一憂することはありません。
過敏になりすぎないことが大切なのだと思います。

 

◆カラダの60%〜70%を占めるモノ


ずばり、「水分」です。

人間のカラダの大半を水分が占めています。
これらの水分は、人間が生活するためのエネルギーの1つとして使われています。
水分は、消費・摂取を繰り返すことで体内を循環し、カラダを機能させるためにたくさんの働きをします。

水分をほとんど摂らないという方も多いですが、水分不足は脱水を引き起こし、カラダが正常に活動するための機能を奪います。
カラダの半分以上を占める水分を摂らないということは、人間が生きていくうえで死活問題です。
水分補給は意識的に行いましょう。
水分を摂ることで代謝も上がり、健康だけではなく、美容効果も高まります。

 

◆体重が変動する原因とは?


汗以外にも水分は消費されます。
代謝を維持したり、呼吸をすることでも水分は消費されていきます。
日々体重を変動させているのは「水分量」です。

 

・夜にお水を摂りすぎた
・お酒を遅くまで飲んでいた
・甘い物を摂りすぎた etc.

 

水分量が変動する要因はたくさんあります。
筋肉量が多い人ほど水分消費量は多く、摂取量も必要になります。
また、水分量の変動が激しいため体重の変動幅も大きくなるのです。

僕の場合、1日に約2Kgも体重が変動します。
そのぐらい体重は簡単に変動してしまうものだということを理解しておきましょう。

 

◆体重変動に一喜一憂しない


体重は簡単に変動します。

そのため、一時的に増減している体重はあまり気にしないことです。
今日食べた物が明日、明後日に脂肪になることはありません。
一時的に数字に反映されることはあっても、コントロールができればすぐに戻ります。
体重を落とすのに時間がかかるのと一緒で、脂肪として蓄積される時間も同様であることを覚えておきましょう。

浮腫み、水分量などで体重は変動してしまうものだということを覚えておけば、一喜一憂することも少なくなるのではないでしょうか。

 

◆おわりに


体重にこだわることも大切ですが、一喜一憂する必要はありません。

今日お伝えしたことをしっかりと理解しておけば、気持ち的にも少し楽になると思います。数字の一環として体重を管理しておくことは大切ですが、一喜一憂しすぎてモチベーションが落ちないようにすることの方が大切です。

「体重は1日で変動するもの」

ダイエットしているときは、少しの体重変動が気になるものです。
ただ、この事実を忘れないようにしてください。
本記事が皆さんにとって少しでもお役に立てば嬉しいです。

 

今日はこのへんで終わります。

次回も乞うご期待ください!

Copyright © Personal Training Studio Bee all rights reserved.